【青天を衝け】11話ネタバレと感想!栄一が国を変えるための計画

青天を衝け

長七郎は江戸に向かおうとしていた。栄一は引き止めるため熊谷の定宿に向かった。

第11話 横濱焼き討ち計画

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「青天を衝け」11話視聴率

「青天を衝け」11話が放送されました。気になる視聴率は、14.1%でした!

「青天を衝け」11話あらすじ

慶喜が将軍後見職へ

江戸では若い志士たちが安東を狙った。河野は護衛たちに斬られてしまう。

「今生きている俺たちには、河野の代わりになすべき定めがまだあるはず。」

1ヶ月後、栄一と千代の間に市太郎が生まれた。待望の跡継ぎに父・市郎右衛門と母・ゑいは喜んでいた。

「異人の居留地の横濱を焼き討ちにする。」

栄一は、惇忠のところにいた。異人を責めることで幕府が攻撃される。支えきれなくなった幕府は転覆する。攘夷を決行すべく計画を練っていた。

文久2年(1862年)江戸では一橋慶喜に将軍後見職についた。薩摩が強引に勧めた話だった。慶喜は攘夷のために利用されていると感じていた。

血洗島では、はしかが流行していた。市太郎は命を落としてしまう。

栄一、国を変えるために生きる

「幕府に異を唱えれば、俺たちは二度とこの地には戻れない。」

慶喜は京に来ていた。公家の三条実美は、攘夷を勧めるべく焦っていた。そんな時、円四郎が慶喜に会いに来た。

栄一は武器を集めるため江戸に向かう。『梅田屋』で買い付けた武器は惇忠の家に運ばれる。酒を飲んでいると藤田東吾の息子・小四郎に会った。

「水戸の武士ともあろうものが、こんなところでただ酒を飲み何をしておる。」

長州と薩摩はイギリスと戦い破れてしまう。攘夷は無謀さを極めていた。そんな時、千代はうたを生む、栄一は手放しで喜べなかった。

「俺はこの国が間違った方向に行こうとしているのに、何でもねーふりをして生きて行くことはできねぇ。」

栄一の決意は固い、千代も頭を下げる。市郎右衛門は栄一を勘当した。

見逃し動画配信サービス「青天を衝け」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「青天を衝け」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「青天を衝け」11話感想

コメント