【青天を衝け】28話ネタバレと感想!新しい世を作る篤太夫が新政府に願うこと

青天を衝け

明治2年、天皇に領地と籍を返す版籍奉還が行われる。篤太夫のいる駿府は、静岡藩となる。

第28話 篤太夫と八百万の神

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「青天を衝け」28話視聴率

「青天を衝け」28話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「青天を衝け」28話あらすじ

篤太夫は、新政府から大蔵省への出仕を求められる。直接断るため東京に向かう。大隈重信に会うことになった。

「先様から政を奪い取った薩長に、どうして幕臣の某が務まることができましょうか?」

新政府のやり方を批判した。新しい時代を作るのは誰かがやらなければならない。

「君は新しい世ば作りたいと思ったことは、なかば」

篤太夫は子どもの頃から、この世を変えたいと思って来た。新政府は名前ばかり、貨幣の制度・税の取り立て・通信の制度など新しい制度が必要だった。

日本中の八百万の神を集める。篤太夫はその1人として選ばれた。心を動かされた瞬間だった。

「これが最後の命だ。この先は日本のために尽くせ。」

慶喜は篤太夫の思いを受け止めた。渋沢栄一として家族で東京に向かう。11月、栄一は新政府に出仕した。

見逃し動画配信サービス「青天を衝け」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「青天を衝け」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「青天を衝け」28話感想

コメント