【青天を衝け】4話ネタバレと感想!栄一が怒る納得できない代官のやり方

青天を衝け

栄一は、藍葉の不作を救った。もっとよい藍を作ろうと思いを巡らせる。

第4話 栄一、怒る

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「青天を衝け」4話視聴率

「青天を衝け」4話が放送されました。気になる視聴率は、15.5%でした!

「青天を衝け」4話あらすじ

慶喜の側近

栄一は商いに興味を持ち、従兄・尾高惇忠と夜通し話すこともあった。

「しかし、千代の顔をあれほど間近で見たのは初めてだ。」

暮れには得意先の百姓たちを労う。栄一は寄合を仕切ることになる。

江戸では、老中・阿部がペリーが戻った時の対応に悩んでいた。意見書を求めると高島秋帆は異国との交易を勧めた。

徳川斉昭は開国に反対した。慶喜の側近には、平岡円四郎が選ばれた。

「私に少しでもおごりや過ちがあれば、必ずいさめて欲しい。」

円四郎は給仕の仕方をしらなかった。慶喜は丁寧に教えた。

納得できない代官のやり方

血洗島では、栄一の家で百姓たちが集まっていた。栄一が仕切っていた。

「この権兵衛さんの藍葉が、なっからいい出来だったのよ。」

栄一は権兵衛を大関の席に座らせた。その席順は相撲の番付に見立てていた。それは宴会を盛り上げた。商いは面白い、栄一は実感していた。

嘉永7年(1854)、黒船が来る。阿部は迷った末に日米和親条約を締結した。

岡部藩陣屋から呼び出しがあった。市右衛門は五百両を納めるよう言われる。

「私は名代のため、父に申し伝えた上お持ち致します。」

承知することは絶対条件だった。栄一は納得できないまま、宗助に頭を下げさせられた。翌日、五百両を納めることになる。

栄一は利根の横柄な態度も気に入らなかった。

見逃し動画配信サービス「青天を衝け」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「青天を衝け」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「青天を衝け」4話感想

コメント