【青天を衝け】3話ネタバレと感想!栄一が商いの面白さを知る

青天を衝け

栄一の家には、たくさんの職人が集まっていた。つくもを作る作業が始まった。

第3話 栄一、仕事はじめ

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「青天を衝け」3話視聴率

「青天を衝け」3話が放送されました。気になる視聴率は、16.7%でした!

「青天を衝け」3話あらすじ

ペリー来航への焦り

栄一は父・市郎右衛門と一緒に江戸に行くことになった。

「とっさま、江戸は今日は祭りか?」

江戸は世界でも最大級の都市、100万人近いひとが集まっていた。商いで繋がっている街を見て興奮していた。

神田・紺屋町では、藍の商いを行っていた。市郎右衛門は仕入れをお願いする。三ヶ月後、黒船が浦賀についた。徳川斉昭は幕府に大砲を献上する。

「水戸の斉昭に力を借りるのじゃ。慶喜、徳川を頼む。」

徳川家慶は亡くなってしまう。斉昭は隠居生活をとかれ、海防参与の役を命じられる。

「ようやく、ようやく時が来たのじゃ。」

武蔵の国では、高島秋帆が赦免される。ペリー来航によって幕府に必要とされた。

「このままでは国は終わると、誰かが国を守らねばって。」

高島は投獄されていた。栄一は会いに行ったことがある。栄一の言葉に助けられた。

商いは楽しい

藍葉が虫に食われてしまう。栄一は母・ゑいに頼み込み藍葉の買い付けに向かう。

「行っといで、決して無駄にしてはいけねえよ。」

栄一は藍葉を次々と買い付ける。この村だけでも21件の藍を買った。市郎右衛門は藍を見て栄一を認めた。

「よくやった、悪くねえ。明日から一緒に回るんだよな。」

栄一は父親に褒められ、必要とされたことが嬉しかった。

江戸では、徳川慶喜の家臣に平岡円四郎をつけようとしていた。

「まっぴらごめん、ありがた迷惑だ。」

水戸藩・藤田東湖は、斉昭の命をうけ人を探していた。慶喜を将軍にするための動きだった。

「商いとは、ねっから楽しいもんだよ。俺はこれからも励むで、この国のために。」

市郎右衛門に認められた栄一は商いの面白さを知る。

見逃し動画配信サービス「青天を衝け」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「青天を衝け」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「青天を衝け」3話感想

コメント