【青天を衝け】27話ネタバレと感想!武士と商品が力を合わせる篤太夫の財政改革

青天を衝け

篤太夫は、駿府藩の勘定組頭を命じられるが自体する。しかし、慶喜の配慮もあり駿府に残ることを決める。

第27話 篤太夫、駿府で励む

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「青天を衝け」27話視聴率

「青天を衝け」27話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「青天を衝け」27話あらすじ

新政府は太政官刷を出した。駿府は58万両を使ってしまう。この先、駿府に金が入る予定はなかった。

「残りの25万両の太政官刷を預けて頂きたい。」

篤太夫はパリで学んだ知識を生かし、武士と商人が力を合わせて商いを営む「商法会所」を設立。駿府藩の財政改革に乗り出す。

武士は商人と働くことを嫌った。篤太夫は『三井組事務所』に向かう。太政官刷を正金と引き換える。

「主に仕入れたいのは、よい米や茶を作るのに欠かせない、しめかす、もしくは油かす。それにぬか。」

篤太夫は薩摩の五代に出会う。フランスでの借款のことを話そうとするが、見失ってしまう。

川村は商人の手伝いをするため刀を置いた。新しい商いは順調に利益を出していた。

箱館では、成一郎や土方らが新政府軍を相手に抵抗を続けたが、降伏することになる。土方は命を落とした。

見逃し動画配信サービス「青天を衝け」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「青天を衝け」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「青天を衝け」27話感想

コメント