【青天を衝け】2話ネタバレと感想!血洗島を守れ栄一が獅子を舞う

青天を衝け

栄一は父・市郎右衛門から商いを教えてもらっていた。農家を回り藍の葉を見るのも仕事だった。

第2話 栄一、踊る。

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「青天を衝け」2話視聴率

「青天を衝け」2話が放送されました。気になる視聴率は、16.9%でした!

「青天を衝け」2話あらすじ

血洗島の祭り

市郎右衛門にとって藍玉を褒められることは、息子を褒められるようで嬉しかった。栄一に自分の仕事を教える市郎右衛門は嬉しそうだった。

「藍の刈り入れが終わったら祭りだに。」

血洗島では1年の五穀豊穣を願い祭りが行われた。子どもたちは、祭りを楽しみにしていた。

岡部藩代官・利根は、6月の忙しい時期に人足を要求した。そして、祭りを中止とした。栄一は不満をこぼした。

「祭りなくなっちまった。だけんど、とっさまも苦しい顔をしていた。」

千代の母は祭りのために新しい着物を繕っていた。

一橋家では、慶喜が暇を持て余していた。水戸藩主・徳川斉昭は隠居生活をしていた。政に復帰する日を狙っていた。

栄一が獅子を舞う!

6月になって血洗村では刈り入れの時期になった。市郎右衛門たちは労役に出かける。戻っては藍の刈り取りをした。

「みんなが嬉しいのが一番だに。」

栄一は母の言葉を思い出した。笛の音が聞こえる。獅子舞が踊り出す。

「五穀豊穣、悪疫退散だに。」

村のみんなも喜んでいた。みんなで踊り出す。

「獅子を舞って疲れを吹っ飛ばせってか。市郎右衛門も踊り出す。」

栄一と喜作は剣を学び読書に明け暮れていた。その頃、江戸では慶喜が能を舞っていた。長崎沖ではペリーが来航した。

市郎右衛門は、次に江戸に行くとき栄一を連れて行こうとしていた。

見逃し動画配信サービス「青天を衝け」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「青天を衝け」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「青天を衝け」2話感想

コメント