【青天を衝け】5話ネタバレと感想!天災で人の愚かさと温かさが交錯

青天を衝け

栄一は、代官のやり方に納得できないでいた。尾高惇忠に話を聞いてもらう。

第5話 栄一、揺れる

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「青天を衝け」5話視聴率

「青天を衝け」5話が放送されました。気になる視聴率は、16.2%でした!

「青天を衝け」5話あらすじ

なかの縁談

市郎右衛門は栄一の気持ちも分かっていた。でも、理屈だけではどうにもできない。代官に逆らうことなど許されなかった。

栄一は、清がアヘン戦争で英国に敗れた理由を知った。開国した日本の未来が心配になった。そんな時、姉・なかの縁談の話がある。

「憑き物筋?」

美しいキツネに化けて悪さをする、尻尾がさけたキツネが憑いている。宗助とまさは結婚に反対した。

「姉さま、姉さま。姉さま、危ねえって。」

なかの様子は変だった。その後、なかの縁談は破談になる。江戸では黒船の来航もあり様々な疫病が流行っていた。

下田沖で地震が発生した。津波でロシア船が転覆した。斉昭は神風が吹いたと喜んだ。老中・阿部が反対する。

「これを機に殺戮を行えば、我が国に悪しき評判がたち異国は責めてくるであろう。」

大切な人を失う辛さ

下田ではロシア人の救出を行っていた。異国の救出には抵抗する者もいた。

「このような時に異国も何もあるか。」

東湖が家に戻ると慶喜が来ていた。異国の船について話を聞きに来た。

「国を守りたいという気持ちが強いからです。」

なかはキツネに憑りつかれたとウワサになっていた。恋心が人を惑わせた。市郎衛門はなかを連れ出す。まさは祈祷師を呼んでしまう。

「1つお伺いしたい、先ほど無縁仏と申したがそれはいつ頃出たのかお伺いしたい。」

年号を答えることはできなかった。祈祷師たちは祠を作らせようとした。栄一は追い返してしまう。なかに笑顔が戻った。

その年の秋、安政江戸地震が起こった。斉彬は側近・東湖を失った。

見逃し動画配信サービス「青天を衝け」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「青天を衝け」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「青天を衝け」5話感想

 

コメント