【青天を衝け】7話ネタバレと感想!栄一が真の思いに気づく

青天を衝け

長七郎は江戸に行くことになっていた。栄一や喜作の期待を背負って旅立つ。

第7話 青天の栄一

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「青天を衝け」7話視聴率

「青天を衝け」7話が放送されました。気になる視聴率は、14.2%でした!

「青天を衝け」7話あらすじ

開国へ舵取り

喜作に縁談の話があった。話が進む前に千代を嫁にしようとしていた。

「お千代はダメだに。お前はおしゃべりで威勢のいい女子にしろ。」

江戸では、老中・阿部が亡くなっていた。その後を開国派の老中・堀田正睦がついた。幕府は開国へ大きく舵を切った。

斉昭は幕府を非難する手紙を朝廷に送った。慶喜は斉昭のところに向かった。

「父上のなされることは本当に忠義に叶っておられるのでしょうか?」

慶喜は堀田あてに一筆書かせた。

「私の器量ではこの一橋家ですら荷が重い。まして天下を取ったりすれば公儀滅亡ものだ。」

慶喜は将軍になるつもりはなかった。

青天を衝く

血新島では、なかが嫁ぐことになっていた。千代と喜作の縁談の話もあった。

「ありがてぇお話です。きっとどこかの商売人に嫁ぐことになると覚悟はしていた。喜作さんのとこなら安心だ。」

松平慶永は次の将軍に慶喜を推していた。13代将軍・家定は慶喜への嫉妬心を募らせていた。その頃、長七郎は思誠塾に来ていた。

お前と千代は想い合っていると思っていた。長七郎は栄一に手紙を残した。

惇忠と藍売りに出かけた栄一は、漢詩を詠みながら山道を歩く。そびえたつ山頂で……青天を衝く。

「お千代、俺はお前が欲しい。」

家定は阿部に代わるような重鎮を探していた。そこへ彦根藩主・井伊直弼は家定に近づいた。

見逃し動画配信サービス「青天を衝け」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「青天を衝け」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「青天を衝け」7話感想

コメント