【青天を衝け】32話ネタバレと感想!みんなが便利な世の中を栄一の夢

青天を衝け

栄一は、銀行という仕組みを作るため政府を辞めてしまう。明治6年、民間資本による日本初の銀行『第一国立銀行』が開業する。

第32話 栄一、銀行を作る

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「青天を衝け」32話視聴率

「青天を衝け」32話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「青天を衝け」32話あらすじ

栄一は、第一国立銀行の総監役に就任する。大阪で商いをしている五代からアドバイスをもらう。

「商いは化け物、魑魅魍魎(ちみもうりょう)が跋扈(ばっこ)している。」

ゑいが体調を崩して、東京の栄一の家に住むことになる。苦労ばかりかけた千代を心配していた。

「ありがとうね、すまないすまない。」

イタリアから喜作が帰国する。横浜で新しい商いを考えていた。

「みんなが手を組み、みんなが考えれば、みんなが幸せな世を作ることができる。」

紙幣・切手・文・土地の証書が日本で作れたら、みんなが便利になる。栄一が描いた未来、ゑいは見届けることはなかった。

岩倉具視の暗殺未遂事件が起こる。大倉は政府のため、三菱の岩崎弥太郎を動かす。そして、銀行の破綻危機に陥る。

見逃し動画配信サービス「青天を衝け」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「青天を衝け」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「青天を衝け」32話感想

コメント