【青天を衝け】6話ネタバレと感想!慶喜の婚約者と栄一の胸騒ぎ

青天を衝け

1855年、安政江戸地震が起こる。徳川斉昭は側近の藤田東湖が亡くしてしまう。

第6話 栄一、胸騒ぎ

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「青天を衝け」6話視聴率

「青天を衝け」6話が放送されました。気になる視聴率は、15.5%でした!

「青天を衝け」6話あらすじ

慶喜の婚約者

栄一は、長七郎や喜作と剣術の稽古に励んでいた。どこか長七郎とは気迫が違うと感じていた。

「違うんです。千代はそんな栄一さんをお慕い申しておるんだに。」

慶喜の婚約者は病に倒れてしまう。その身代わりに美賀君を嫁を迎えることになった。

「これからは母と思い、何でも話してもうされ。」

江戸の薩摩藩邸では、篤君が徳川家定に嫁ぐことになっていた。薩摩藩は次の将軍には一橋を推していた。篤君は、その後押しをすることになる。

「またお二人でお戯れとは、腹立たしい。この殿の恋心にわらわが気づかぬとお思いか?」

美賀君は、慶喜と徳信院の仲を疑った。その頃、下田ではハリスが来て貿易を求めた。斉昭は大反対した。

尊王攘夷の空気

尾高のところには、北辰一刀流の真田が来ていた。

「尾高という強者がいると聞き、勝負にまいった。お手合わせ願おう。」

喜作と栄一は相手にならなかった。長七郎が道場破りを倒した。宴の席では、下田の開国と尊王攘夷の話になる。真田が千代の美しさに目を止めた。

「この長七郎に剣で勝ったものでしか、やれねえな。」

栄一は酒をこぼしてしまう。千代が布で栄一の手を包んだ。さわんな、栄一は胸がぐるぐるしていた。今までにない感情に戸惑う。

安政四年、吉子を上座に新年の祝いをしていた。水戸藩は代々天守様を敬って来た。弓を向けることはあってはならない。

「この国は生まれ変わろうとしている。」

老中・阿部は時代の移り変わりを実感していた。開国を迫られる中で倒れてしまう。その頃、栄一は慶喜に再会した。

見逃し動画配信サービス「青天を衝け」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「青天を衝け」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「青天を衝け」6話感想

コメント