【青天を衝け】25話ネタバレと感想!平九郎の自決と篤太夫の怒りの矛先は

青天を衝け

明治元年(1868)10月、篤太夫はフランスから帰国した。横浜で杉浦や福地と再会する。

第25話 篤太夫、帰国する

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「青天を衝け」25話視聴率

「青天を衝け」25話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「青天を衝け」25話あらすじ

横浜では、新政府軍に持ち物検査をされる。篤太夫は品川の宿で幕府が薩長に敗れた経緯を聞かされた。

1月、鳥羽伏見の戦いが起こった。慶喜は江戸に戻り天璋院と会う。その後、上野・寛永寺で謹慎することになる。

「上さまのご無念を晴らす。」

成一郎たちは、彰義隊を結成し慶喜を守ろうとする。しかし、慶喜は水戸に戻ってしまう。その後、振武軍と名乗り新政府軍と戦う。

平九郎は新政府軍に囲まれ自決する。成一郎は函館で新政府軍を迎え撃とうとしていた。

「俺は行かねぇ、主のいない戦で勝てるワケがねぇ。」

篤太夫の書状が千代に届いた。長七郎に報告した。横浜の焼き討ちを止めてくれた。千代は感謝していた。

家族に会うため篤太夫は、6年ぶりに血洗島に向かった。

見逃し動画配信サービス「青天を衝け」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「青天を衝け」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「青天を衝け」25話感想

コメント