【青天を衝け】38話ネタバレと感想!栄一の嫡男・篤二の苦しい想い

青天を衝け

明治22年夏、上野では徳川家康の江戸入城三百年の節目を祝う「東京開市三百年祭」が開かれました。

第38話 栄一の嫡男

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「青天を衝け」38話視聴率

「青天を衝け」38話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「青天を衝け」38話あらすじ

栄一は、多くの産業に関わっていた。篤二は栄一の後継者として期待されていた。

「もし御前さまや平岡さまであれば、どんなおかしれい日本を作ろうとしたでしょうな。」

栄一の気がかりは、静岡でひっそりと暮らす慶喜のことだった。その頃、美賀子に乳がんが見つかる。

篤二は跡継ぎの重責から女性と逃げてしまう。栄一は退学させ謹慎を命じた。ていは篤二を血洗島に連れて帰る。

「身に覚えはある、水道管のことだ。国産の水道管を使いたい誰かが人を使って脅そうとしたんだ。」

コレラの蔓延は続いている。栄一は水を清潔にするため舶来品の水道管を使おうとしていた。

明治28年3月、日清戦争は日本の勝利で終わる。2年後、慶喜は東京に戻ることになった。

「とちらが篤二くんか?よろしく頼む。」

見逃し動画配信サービス「青天を衝け」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「青天を衝け」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「青天を衝け」38話感想

コメント