【カムカムエヴリバディ】26話ネタバレと感想!安子が岡山で新しい道を探る

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」

安子は雉真の家に戻ることになった。美都里は大きくなったるいを抱きしめた。

第26話、安子の新しい道。

「カムカムエヴリバディ」第26話視聴率

第6週「1948」第26話が12月6日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「カムカムエヴリバディ」第26話あらすじ

雉真の家では、安子の部屋はそのままになっていた。

「安子さん、ここに帰って来たからには何の心配もいらねえ。暮らしのことも医者のことも。」

安子は、るいの顔のケガを気にしていた。ずっと一緒にいられる環境の変化にるいは戸惑っていた。

「きぬちゃん、きぬちゃんじゃ。」

『水田屋とうふ』の前できぬに再会する。懐かしい顔に安子は笑顔になった。

「お父ちゃんもお母ちゃんも栄養失調で体が弱っとるんじゃ。陽気な力さんがいるから心まで弱らんですんでる。」

きぬは疎開先で力に出会い結婚していた。安子は大阪での暮らしを話し出す。大変だったけど幸せだった。

見逃し動画配信サービス「カムカムエヴリバディ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「カムカムエヴリバディ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第26話感想

コメント