【カムカムエヴリバディ】106話ネタバレと感想!ジョーが思い出のステージへ

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」

『サムライベースボール』のマット・ロリンズが映画村に来る。ライバル役は、桃山剣之介が選ばれた。

第106話、トランペットを吹かせてあげたい、るいの想い。

「カムカムエヴリバディ」第106話視聴率

第22週「2001 -2003」第106話が3月31日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「カムカムエヴリバディ」第106話あらすじ

ハリウッド映画『サムライベースボール』は、SF時代劇。現代を生きるマット・ロリンズは、ある日幕末の時代にタイムスリップする。その藩主がモモケン、信頼する家老が虚無蔵。

「虚無蔵、眩しいでしょう。暗闇にいたんじゃ見えないモノもあるんですよ。」

マットは野球を教えることでサムライたちと交流を深める。藩主は野球を通して統率しようとする。

映画で使う足袋を『雉真繊維』に発注することが決まった。勇は泣いて喜んだ。

「作り続けてよかった、守り続けてよかった。ワシは心からそう思う。」

地元のイベント『クリスマスフェスティバル』が開かれる。トミー北沢と錠一郎がステージに立つことになった。

「僕がジャズに出会った場所だよ、定一さんが酔っ払ってサニーサイド唄って…。」

トランペットを吹かせてあげたかった。るいは特別な会場で錠一郎のトランペットが聞きたいと思っていた。

見逃し動画配信サービス「カムカムエヴリバディ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「カムカムエヴリバディ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第106話感想

コメント