【カムカムエヴリバディ】100話ネタバレと感想!一恵が想い続けた榊原への恋心

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」

ひなたは、英語の勉強を続けていた。いつか自分の英語が時代劇を沈滞から救う、そう信じていた。

第100話、一恵と榊原の恋。

「カムカムエヴリバディ」第100話視聴率

第21週「1994-2001」第100話が3月23日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「カムカムエヴリバディ」第100話あらすじ

るいと錠一郎は、安子に会うためアメリカに向かった。ひなたは留守番を頼まれていた。

「ハリウッドのチームが江戸時代の日本を舞台にした映画を撮るんやて。」

条映にとっては、またとないチャンスだった。ひなたは視察団の通訳をすることになった。

「ひなちゃん、私いつまでほっとかれんのやろ?榊原さんに。」

一恵は榊原とつき合っていた。結婚の話にならないことに不安になっていた。

「あいつのドラマが終わった時に言われたワケ、そろそろ水無月ぼたんシリーズもやめてくれないかって。」

榊原は一恵と待ち合わせしていた店で美咲すみれに会ってしまう。肩に寄りかかるところに一恵が来てしまう。

見逃し動画配信サービス「カムカムエヴリバディ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「カムカムエヴリバディ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第100話感想

コメント