【カムカムエヴリバディ】56話ネタバレと感想!サニーサイドが繋いだ2人の愛

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」

錠一郎は子どもの頃に柳沢定一に拾われた。その時からトランペットが好きだった。

第56話、錠一郎が東京へ。

「カムカムエヴリバディ」第56話視聴率

第12週「1963-1964」第56話が1月20日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「カムカムエヴリバディ」第56話あらすじ

「定一さんがつけてくれた苗字だったんですね。」

錠一郎は『Dippermouth Blues』に出入りするようになってトランペットを教えてもらった。

「定一さんは僕の中にいてくれる今でも、いつでも。」

るいは3ヵ月離れることに寂しさを感じていた。クリスマスのコンサートの後で一緒に暮らすことになった。

錠一郎は笹プロの社長の家に居候する。バンドのメンバーを揃えてレコーディングが始まった。

「ジョーが行ったとこどこやと思っとる、東京やで。やたら小ぎれいな女がひしめき合ってるんや。」

るいは錠一郎に1ヵ月会っていない。ベリーはるいの不安を煽る。しかし、るいは錠一郎を信じていた。

「サッチモちゃん何か聞いてる?ジョーのデビューコンサート延期になったんや。」

見逃し動画配信サービス「カムカムエヴリバディ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「カムカムエヴリバディ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第56話感想

コメント