【カムカムエヴリバディ】6話ネタバレと感想!安子は大阪にいる稔と文通

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」

安子は稔と文通をしていた。何気ない日常を伝えることに嬉しさを感じていた。

第6話、安子の文通相手。

「カムカムエヴリバディ」第6話視聴率

第2週「1939-1941」第6話が11月8日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「カムカムエヴリバディ」第6話あらすじ

ラジオの英語講座は放送を終了していた。ヨーロッパでの戦争が原因だった。基礎英語講座を聞くことにする。

秋が深まり、コスモスの花が咲いていた。小豆の収穫の時期、祖母がおしるこを作ってくれた。

稔は川のほとりを歩く、安子と自転車の練習をした日を思い出していた。母・しずは安子を心配していた。

「心配せんでええよ、おかしなお付き合いじゃねえから。」

安子は稔が帰省する日を楽しみにしていた。勇は野球を続けていた。ボールを縫うため手芸用品を探していた。

稔から手紙が届いた。正月の帰省はなくなる。映画に行く約束は守られなかった。

夏になり野球の地方予選決勝、勇は負けてしまう。たばこの銘柄は、チェリーから櫻に変った。生活は戦争とともに動き出していた。

見逃し動画配信サービス「カムカムエヴリバディ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「カムカムエヴリバディ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第6話感想

コメント