【カムカムエヴリバディ】90話ネタバレと感想!日向の道を歩くきっと人生は輝く

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」

ひなたの放つ光は眩し過ぎる。ひなたは五十嵐の言葉を思い出し泣いていた。

第90話、ひなたの悲しみと両親の想い。

「カムカムエヴリバディ」第90話視聴率

第19週「1992-1993」第90話が3月9日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「カムカムエヴリバディ」第90話あらすじ

五十嵐は道場の雑巾がけをしていた。そこへ、虚無蔵が現れる。

「どこで生きようが、お前が鍛錬し身につけたものはお前のもの。決して奪われるものではない。」

ひなたは部屋から出ようとはしなかった。るいはお粥を作って来た。

「私の気持ちが文ちゃんを傷つけていたなんて、全然気が付かなかった。」

錠一郎は五十嵐に会っていた。トミーのCDを見せた。錠一郎の叶えられなかった夢をトミーは叶えていた。

「僕には分かるんや、五十嵐君はひなたのことを大事に想っている。せやから、ひなたの前から消えようとしている。」

暗闇に微かに光がさした。るいと錠一郎には、ひなたが眩しい光の塊に見えた。

「ひなたが日向の道を歩けますように、そう思ってつけた名前や。」

五十嵐の選んだ道は、それが日向の道になる。きっと人生は輝く、錠一郎は笑顔で言った。

見逃し動画配信サービス「カムカムエヴリバディ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「カムカムエヴリバディ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第90話感想

コメント