【カムカムエヴリバディ】24話ネタバレと感想!るいの名前に込めた想い

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」

安子はおはぎやお饅頭を売って、るいと2人で慎ましく生きていた。ラジオからは甲子園の開会式が聞こえてきた。

第24話、安子の思い出。

「カムカムエヴリバディ」第24話視聴率

第5週「1946-1948」第24話が12月2日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「カムカムエヴリバディ」第24話あらすじ

安子は倹約をしてラジオを買うことができた。『カムカム英語』を聞きながら英語の勉強をしていた。

テキストには日本人の日常が描かれていた。稔が生きていたら、安子は想いを重ねる。

「るいがおるんじゃもん、何にも悲しいことはねぇよ。」

『岡野商店』から大口の注文が入った。安子は、200コのおはぎを歩いて届けることになった。

「こないに遠いと思わんで。」

翌日からは自転車を使うことにする。るいはリヤカーに乗れるのが嬉しそうだった。

「優しい人、それから大きい夢を持った人。るい、お父さんはるいの名前に夢を託したんじゃ。」

自由に生きることができる、日向の道を歩いて欲しい。ルイ・アームストロングから名前をもらった。

家に戻ると千吉が待っていた。

見逃し動画配信サービス「カムカムエヴリバディ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「カムカムエヴリバディ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第24話感想

コメント