【脳科学弁護士 海堂梓 ダウト】ネタバレ!感情の魔物が支配する殺人事件

脳科学弁護士 海堂梓 ダウト

ドラマ「脳科学弁護士 海堂梓 ダウトは、4月12日(月)に放送されました。主演を松下奈緒さんが演じています。

脳科学を駆使して裁判に勝つ、異色の弁護士・海堂梓

「脳科学弁護士 海堂梓 ダウト」視聴率

「脳科学弁護士 海堂梓 ダウト」が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

「脳科学弁護士 海堂梓 ダウト」あらすじ

裁判は勝った方が真実

お笑い芸人・ムラマツのマネージャー・白間絵里は、セクハラを訴えていた。海堂は和解を提示した。新米弁護士・斎田は、そのやり方に疑問を持つ。

「裁判は勝った方が真実、勝った方が正しいのよ。」

冬川沙也加は、夫を殺害した容疑をかけられる。過去にも2人の夫が死に遺産を相続していた。海堂は弁護を引き受けることになった。

冬川忠司は、彫刻・碧い目のマリアで撲殺された。元妻は愛人と心中している。忠司の寂しさに沙也加はつけ込んだ。冬川のアシスタント・大山敦美に会う。

「真実の姿、ふざけるな。」

リモートで忠司はつぶやいていた。フリーカメラマン・馬場は沙也加に目をつけていた。3人目もきっと死ぬ。その決定的な証拠を持っていた。

鹿島は交渉しようとするが殺害されてしまう。SDカードはなくなっていた。

彫刻家としてのプライド

法廷で沙也加は罪を認めてしまう。海堂は幼なじみの谷崎に会う。父親に虐待された過去があった。冬川楓も父親から虐待を受けていた。

「ダウト、今もストーリーだと私の中の回路が繋がらないの。」

犯人は楓、金庫の金を隠したのは強盗に見せかけるため。

8年前、海堂は大手の弁護士事務所にいた。弁護士の恋人は、クライアントの粉飾決算を見つける。告発するが逆に横領で告訴されてしまう。

無実を訴えるが懲役3年になってしまう。翌日、薬を飲んで自殺してしまう。

「お父さんを殺してしまいました。」

楓は忠司を3回殴っている。その3回目が致命傷になった。ブロンズ像は2体あった。楓は殴ったことを鮮明に証言した。それは菊池から聞いたからだった。

菊池は冬川のゴースト、碧い目のなみだを返そうとして殴ってしまう。

見逃し動画配信サービス「脳科学弁護士 海堂梓 ダウト」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「生きるとか死ぬとか父親とか」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。

・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。

・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。

*無料サービス中に解約すると料金の発生はありません!

「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「脳科学弁護士 海堂梓 ダウト」感想

コメント