【神様のカルテ】2話ネタバレと感想!夢を叶えて散った仲間の最期

神様のカルテ
栗原一止は、長野にある本庄病院で働いていた。大学時代の同期・進藤辰也に再会する。 第2話、内藤と板垣が誓った想いと星空のプレゼント。

「神様のカルテ」2話視聴率

「神様のカルテ」2話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

「神様のカルテ」2話あらすじ

医者の目指す場所

栗原と進藤のたった2人の将棋部に如月が入部した。忘れかけていたことを思い出す。妻・ハルに話してしまう。 再生不良性貧血で入院している四賀が熱を出す。主治医・進藤は詳しい説明をしていなかった。栗原が連絡をしても繋がらない。 如月は栗原のことが好きだった。一目ぼれを気づくことはなかった。その後、進藤とつきあい結婚した。子どもが生まれ産休から職場復帰した。 「医者は医者である前に一人の人間なんだ。」 大学病院の小児科は過酷を極め、千夏は家に帰らなくなった。進藤は子どものためにも長野に帰ることを決めた。 「この街に誰もがいつでも看てもらえる病院を作る。」 板垣は中学の時、母親を亡くしている。病院をたらい回しされていた。その時に医者になることを決めた。

1分間だけの星空のプレゼント

進藤は看護師たちと衝突する。栗原は頭からコーヒーをかける。患者への説明をすることになった。進藤は娘・なつなのためにも早く帰ろとしていた。 「治療に患者を合わせるんじゃなくて、患者に治療を合わせるんです。」 会田の糖尿病は深刻だった。内藤が倒れてしまう。検査をすると全身転移のリンパ腫だった。内藤は治療の開始を待ってもらう。 「負け戦だな、あと1ヵ月もたねえ。」 内藤は妻の千代とは山岳部で会った。常念岳の星空が2人を繋いだ。2日後の夜、内藤を屋上に連れて行く。1分間だけの星空のプレゼント。 「長い間ありがとうね、千代。」 1週間後、内藤は息を引き取った。当直をおえて板垣が駆けつける。この街に24時間の病院を作る。誓った友の最期だった。

動画配信サービス「神様のカルテ」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「神様のカルテ」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。 ・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。 *無料サービス中に解約すると料金の発生はありません! 「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。
※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「神様のカルテ」2話感想

コメント