【神様のカルテ】1話ネタバレ感想!最高の治療を安曇の残した手紙

神様のカルテ
ドラマ「神様のカルテが2月15日(月)に放送されました。主演を福士蒼汰さんが演じています。 第1話、最高の治療を。

「神様のカルテ」1話視聴率

「神様のカルテ」1話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

「神様のカルテ」1話あらすじ

ステキな別れ

本庄病院に勤める内科医・栗原一止は不眠不休の過酷な日々を送っていた。妻・ハルとの結婚記念日に一緒に過ごすこともできなかった。 末期がんの田川はモルヒネで痛みを抑えていた。看護師は苦しそうな田川を見るのが辛いと訴えてくる。1週間後、田川は息を引き取る。 「私はこうやって一さんと見る星が、世界で一番好きです。」 ハルは一止を癒してくれた。安曇が下血してしまう。胆のうがんの腫瘍は大きくなっていた。一止は余命1ヶ月を伝えることはできない。 「御嶽荘」の住人・学士が薬を飲んで倒れていた。40時間後に意識を取り戻した。男爵は怒ってしまう。 学士は母親にウソをついていた。謝罪することなく亡くなってしまった。 学士は「御嶽荘」を出ることになった。いつでもまた会える。一止は島崎藤村の本をプレゼントした。 男爵は壁いっぱいに桜の絵を描いた。門出には桜が似合う。バンザイバンザイ。ステキな別れだった。

最高の治療

安曇は山が見たいと望んだ。東西と水無は屋上まで連れて行く。 「でも、最後の最後にこんな幸せが待ってたなんて。本当に人生っていうものは分からないモノですね。」 一止は文明堂のカステラを渡した。安曇の笑顔は、みんなを幸せにしてくれた。2日後、安曇は急変する。 このままで。安曇の声が聞こえるようだった。今の医療なら心臓を動かすことはできる。それが安曇が望むことなのか?医者は選択を迫られる。 「このままで、やっとご主人に会えるんだ。」 一止は安曇の死亡確認をした。長い戦いが終わった。人生は迷いと選択の繰り返し、選んだ先には後悔がつきまとった。 安曇は一止に手紙を残していた。病人にとって一番辛いのは孤独、それを取り除いてくれた。夫が亡くなってからの30年、ここにいた時間が最高に幸せだった。

動画配信サービス「神様のカルテ」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「神様のカルテ」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。 ・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。 *無料サービス中に解約すると料金の発生はありません! 「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。
※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「神様のカルテ」1話感想

コメント