【神様のカルテ】最終話ネタバレと感想!医者として全力を尽くす栗原の決断

神様のカルテ
栗原一止は最先端医療を学ぶため大学病院で勤務していた。大学病院は不条理なことばかりだった。 最終話、末期がん患者の最期!医者として全力を尽くした栗原の決断。

「神様のカルテ」最終話視聴率

「神様のカルテ」最終話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

「神様のカルテ」4話あらすじ

入院を拒む患者

准教授・宇佐美はパンの話を力説する。ベッド確保に奔走している栗原の話も聞いてもらえなかった。ハルと栗原の間には小春が生まれていた。 「パン屋を怒らせると二度とパンをもらえなくなるぞ。」 ガン患者・二木美桜はステージ4と診断される。内視鏡を担当した栗原を指名した。本庄病院にいる頃、二木の父親を栗原が看取っていた。 岡が下血を繰り返した。進行性の膵癌と診断された。柿崎から連絡が入った。岡は膵癌ではない、宇佐美が送った画像をみて診断した。 「今度入院したら、もう帰れない。家で死にたい。」 二木は入院を拒んだ。栗原は麻酔がさめたら帰宅とするとした。麻酔を多めに投与して時間を稼ぐ。 岡は内科的治療により劇的に回復して退院が決まった。

医者として全力を尽くす

二木の抗がん剤が効かなくなった。栗原は思っている以上に進行は早いと感じた。二木の容態が急変する、栗原は自宅に向かった。 「私はリサちゃんと約束した。医者として全力を尽くすと。」 二木は入院を決めた。栗原は1ヵ月のアルバイト禁止になった。ハルは山岳写真家として復帰した。 栗原は二木の抗がん剤治療を中止する。このまま続けたら退院することはできない。ソーシャルワーカーたちは、末期がんの患者を看ることを拒んだ。 本庄病院では、外村が訪問看護師になっていた。板垣が訪問看護の往診担当をしすることになった。 「私のロウソク消えません。燃えあがるたび微かになって、でも消えません。そのたびに先生が微かな火を囲って守ってくれたから。」 数日後、二木は息を引き取った。栗原は第4内科の班長に選ばれた。先生ありがとう、栗原はリサからのメッセージを受け取った。

動画配信サービス「神様のカルテ」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「神様のカルテ」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。 ・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。 *無料サービス中に解約すると料金の発生はありません! 「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。
※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「神様のカルテ」4話感想

コメント