【ハルカの光】最終話ネタバレと感想!船の光は生きる希望に

ハルカの光

ハルカと西谷は照明を見つめていた。西谷は、お店の前に怪しげな男がいるのを見つけた。

最終話、ハルカが父親と再会。

「ハルカの光」最終話視聴率

「ハルカの光」最終話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ハルカの光」最終話あらすじ

全てを包み込む照明

1950年代後半、ストックホルムは交通渋滞に悩まされていた。行政は数学者ピート・ハインに相談する。ロータリーをスーパー楕円にした。

「何しに来たのよ。」

店の前にいる怪しげな男は、ハルカの父親・和也だった。宮城で家を建てようと考えていた。

「俺と母さんだけが取り残されてるような気がして、だから家を建てようって。それでも何かが足りないんだ。それは、ハルカなんじゃないかなって。」

ハルカと母・有香の関係はうまく行っていない。和也は気にしていた。

「せめてハルカを感じたいって、母さんが言ったんだ。」

光は人の生活の中で生きている。ハルカは照明の素晴らしさを説明する。20世紀を代表するポール・ヘニングセンは全ての要素を叶えた照明を作った。

ハルカの光

人生は誰しも光もあれば闇もある。光は闇を否定せず、受け入れる。そうすることで新たな光が見える。

震災後、ハルカは母親を避けるようになった。

「今でなくてもいい、何年かかってもいい。いつかまたあの街を見に来てけろ。母さんの顔を見に来てけろ。」

ハルカは母親に会うため、宮城に帰ることを決めた。

「ちゃんと帰ってきますよ。私は、この店も照明も愛してますから。」

宮城の海はキレイだった。和也の船の光を見つめてから東京に戻る。

「こうして海見てるだけで幸せだよ。人生で感じられる幸せの量って決まってるように思う。ちょっとした幸せが沢山ある方がいい。」

有香の涙はハルカを切なくした。笑って、いいがら笑って。和也の船が戻る。ハルカの生きる希望になった光だった。

見逃し動画配信サービス「ハルカの光」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ハルカの光」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「ハルカの光」最終話感想

コメント