【ハルカの光】2話ネタバレ感想!ハート型の照明に込められた想い

ハルカの光

ハルカは照明店で働いていた。ドイツ生まれのハート型の照明が届けられる。

第2話、ハート型の照明

「ハルカの光」2話視聴率

「ハルカの光」第2話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ハルカの光」2話あらすじ

禁断にもほどがある

年配の男・古山と青年が照明店に来る。2人は親子のように見えた。

「結婚記念?ご両親にプレゼントですか?」

ハルカが照明を探そうとすると古山は店を出てしまう。

「恋人です。本当なんです。僕たち2人の結婚記念に買おうと思っています。」

古山は文芸学部の教授だった。良太郎は教え子だった。

「すごいですね、教師と教え子。男同士、さらには年齢差まで禁断にもほどがあります。」

良太郎は脚本家を目指していた。ハルカの言葉をメモする。ハート型の照明が目に入った。良太郎は仮予約をした。

古山は結婚に抵抗があった。良太郎は身内になりたいと願った。

ハート型の照明

ハート型の照明にはミラーがついていた。反射することで、もう1つのハートを作りだしていた。

「情緒があるというか、それでいて哲学的で。1つの文学作品のようだ。」

インゴ・マウラーは、光の詩人を呼ばれていた。恋人たちの出会いを表現していた。結婚をする友人のために作られた作品。

「希望の光に見えちゃった。僕たちの歩く道は間違いじゃないって思えた。」

これから先にどんなことがあったとしても2人で乗り越えたい。東北にいるご両親を大切に、古山の言葉はハルカに影を落とした。

「奥さんにプレゼントしようと思ったんだ。」

西谷は海外で見つけた照明をプレゼントしようとした。家に戻ると妻はいなかった。結婚には危険がつきまとう。照明の下にはワニがついていた。

見逃し動画配信サービス「ハルカの光」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ハルカの光」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「ハルカの光」2話感想

コメント