【監察医 朝顔】14話ネタバレ感想!今を生きる幸せな時間を大切に

監察医 朝顔

朝顔は平のことをことを心配していた。平には認知症の心配があった。

第14話、孤独編完結! 父の帰宅… 家族が集うメリークリスマスに涙

「監察医 朝顔」14話視聴率

「監察医 朝顔」14話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「監察医 朝顔」14話あらすじ

優しさの遺伝

朝顔は平と話をするため1週間の休みをもらうことになった。桑原は神奈川県警に復帰を願うが、話も聞いてもらえないでいた。

「つぐみさんに弟とか妹とか、どうかな。」

朝顔は水の音で桑原の話を聞いていなかった。翌週から仙ノ浦に向かった。家の中にはメモがたくさん貼ってあった。

「じいちゃん、歯調べるね。」

つぐみは平と離れて暮らすことを不思議に思っていた。今を忘れないようにするためのメモは朝顔を切なくする。

震災のあった日、里子は手袋を貸していた。寒い日にそれができる、母はとても優しい人。朝顔もつぐみも似ていた。

「最近、お父さん全然ダメなんだ。ちょっと前の話も忘れちゃうんだ。朝顔ごめん、ここに書いておいてくれないか。」

今を生きる幸せな時間

朝顔は自分を連れ戻そうとしている。平は迷っていた。

「どんな風になったとしても父は父ですから。」

みゆきは家族を亡くして1人で生きていた。朝顔は平を気にかけてくれるみゆきに感謝していた。みゆきは里子のピアノが録音されたテープを渡した。

「朝顔、ウチにラジカセあったっけ?帰ろうかな。」

平は朝顔の負担をかけるのが辛かった。それでも帰ることを決めた。桑原も戻って来た。平は里子のピアノを聞くことにする。

「寝ない、家に煙突なのにどうやってサンタさん来るの?」

クリスマスの夜、桑原はつぐみのプレゼントを枕元に置いた。

「朝顔、桑原くん。病院に行ったよ。アルツハイマー型認知症だそうだ。」

これから迷惑をかけることになる。平は頭を下げた。朝顔は4人で明るく生きていこうと約束した。

見逃し動画配信サービス「監察医 朝顔」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「監察医 朝顔」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます!
・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です!
・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます!

・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

「監察医 朝顔」14話感想

コメント