【監察医 朝顔】16話ネタバレと感想!朝顔がみた惨殺事件の犯人の行動

監察医 朝顔

朝顔の祖父・浩之の容態が急変する。朝顔は岩手の病院にかけつける。

第16話、史上最悪の一家惨殺事件! 朝顔と父に残された時間は

「監察医 朝顔」16話視聴率

「監察医 朝顔」16話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「監察医 朝顔」16話あらすじ

一家惨殺事件の犯人は

歯は里子のモノではない、浩之が目を覚ました伝えようとした。しかし、薬が効いていため目覚めなかった。

神奈川県警に戻った桑原は、マンホール事件で捕まえた今野に再会する。今野は、未解決事件の犯人に似た男を見ていた。

2011年、三田村夫婦と息子が殺害された。右頬には十字に切り裂かれていた。重要参考人・市川継男は、証拠不十分で起訴できなかった。

「あの時と同じなんです。殺し方まで一緒だ。」

三田村家の近くで同じような事件が起こった。腹部を刺されていた。平は三田村事件の捜査に関わっていた。伊東が捜査への参加を求めた。

「お父さんの話が聞きたいって、お父さんはどうしたい?」

平は警察に向かう。自分にできることはしたい。過去のノートを渡した。

里子の夢を見た

平の捜査ノートには、頬の傷に違和感があるとあった。遺体の身元が判明する。柴山は川崎の工場で働いていた。

浩之が目を覚ました。朝顔は東北に向かう。浩之が見つけた歯は里子のモノではなかった。朝顔は里子のモノとウソをつこうとした。

「夢で里子にあった、嬉しかった。やっと会えたよ、寂しかったよ。」

浩之はずっと里子を待っていた。朝顔は何も言えなかった。

その頃、茶子はエンバーミングを行っていた。遺体の傷は切り取られていることが分かった。何のためにしたのか?

目撃情報から犯人には頬にあざがあった。今もまだ捕まっていない。

見逃し動画配信サービス「監察医 朝顔」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「監察医 朝顔」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます!
・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です!
・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます!

・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

「監察医 朝顔」16話感想

コメント