【ハルカの光】3話ネタバレと感想!光は逃げない反骨精神に変えた照明

ハルカの光

ハルカは照明店で働いていた。ある日、ボクサー・左京が訪ねて来る。

第3話、差別や偏見を反骨精神に変えた照明。

「ハルカの光」3話視聴率

「ハルカの光」第3話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ハルカの光」3話あらすじ

信念を貫く覚悟

ハルカは川向こうにあるボクシングジムに通う左京に会う。たくましい身体とオーラに圧倒されてしまう。

「納得のいくボクシングができなくて。」

気分転換に別のルートで走り込んでいた。西谷は映画『ロッキー』の話をする。ロッキーは生卵を飲み筋肉とつけていた。

左京は夜も訪ねて来た。集中できないときはロウソクの火をつける。彫刻家イサム・ノグチ作の名作照明が目に止まる。

日本人の父とアメリカ人の母を持つノグチは、差別や偏見にあう。それを反骨精神へと変えた。それがこの照明だった。

「この照明は提灯と同じで畳むことができるんです。」

多くの人に伝えたい、その想いは受け入れてもらえなかった。それでも信念を貫き通して、今は世界各地に広がった。

光は逃げない

ハルカは、左京の忘れ物のタオルを届ける。左京は元チャンピオンだった。しかし、今では何もしない落ちぶれたボクサーになっていた。

「もう一度、チャンピオンになるって言ってました。」

日本チャンピオンになった数ヶ月後、左目の異常が見つかった。半年後に復帰するが30秒でノックアウトされた。

「それもウソですか?見栄張ることないじゃないですか。」

お前に何が分かるんだ。左京とハルカは言い合いになってしまう。西谷は不思議な魅力のある照明を見せる。

「だって ありのままが、その人が存在している価値だから。」

逃げ出したい過去ほど、向き合わざるをえない時が 必ず来る。人生って そういうものなんだと思う。

右京は屋上でスパークリングをする。ハルカと西谷は招待された。

見逃し動画配信サービス「ハルカの光」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ハルカの光」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「ハルカの光」3話感想

コメント