【おちょやん】56話ネタバレと感想!若旦那のハイキング初公演

朝ドラ「おっちょやん」

みつえが福助の家に嫁いで1ヵ月がたった。

第56話、若旦那のハイキングは一平と千代の2人芝居。

「おちょやん」56話視聴率

第12週「たった一人の弟なんや」第56話が、2月22日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」56話あらすじ

若旦那のハイキング

みつえが福助に嫁いでから、宗助は『福富』に通った。

「毎日毎日そないに油売ってたら、お母ちゃんに怒られるで。」

一平は次の公演で『若旦那のハイキング』を書き下ろした。商売がたきの若旦那といとさんの色恋話だった。

「若旦那が俺で、相手のいとさんが千代。」

みつえと福助の姿を見て一平が書き上げた。千代は二人を見て参考にしようとしていた。夕飯の支度は?菊がとがめると福助が庇った。

「あんた、お母さんにそないな口きいたらあかん。」

みつえを庇った福助は悪者になってしまう。1週間前、えびす座で火事が起こった。道頓堀では、不審な火事が続いていた。

「しゃーないな、誰が嫁に行ったか分かりしません。」

しずもみつえのことが気になっていた。

一平の口づけ

大阪の仙波には、長年いがみあっている大店があった。商売仇の若旦那といとさんが恋に落ちる。若旦那は気持ちを確かめるため心中をしようとする。

酒に毒が入って2人で飲もうとする。でも、それはウソだった。『若旦那のハイキング』は、検閲により直すことになってしまう。

「肝心の抱き合うところ削られてしもうたしな。」

一平の伝えたい部分は検閲に引っかかる。

「ウチは一生あないな風になれん気がして。」

好きな人のために死ぬ、その気持ちは分からない。でも、同じくらい大切なモノはある。

「ヨシヲや、ヨシヲがどっかにいてるさかいウチは今日まで生きてこれた。」

『鶴亀家庭劇』の初日、一平と千代は舞台に立った。日本酒には毒が入っている。一緒に飲んでくれへんか?

「生まれ変わったら、今度こそ一緒になりましょな。」

千代は酒を飲み干す。酒には何も入っていなかった。お前をもう離さへんで。一平は千代の唇に口づけをした。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」56話感想

コメント