【おちょやん】49話ネタバレ感想!演じることは役を愛した時間だ

朝ドラ「おっちょやん」

千代は千之助と勝負をする。どちらか笑いを多くとった方が座長になる。

第49話、役者にとって大切なことは何だ!

「おちょやん」49話視聴率

第10週「役者やめたらあかん」第49話が、2月11日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」49話あらすじ

千之助より笑いをとれ

「いや、ごりょうさん。これは庭から逃げる算段だす。」

千之助は、井戸からではなく別のところから飛び出してくる。

「いざとなったら、今日は千代の方が受けてたなって言ったらええ。」

一平は笑いの数かぞえるのは難しいと思っていた。

「今日からなお客さんに紙くばってな、誰が一番に面白かったか書いてもらうことにしたんや。」

千之助は勝負をハッキリしようとしていた。それからも千之助は名前ばかりが並んだ。

「全然おもしおうないわ、せやから負けんねん。何でー何で-。」

千代は千之助に太刀打ちできないでいた。あと1日しかない。

「もしかしたら千之助の方が座長の器かもな。」

千代は悔しくてたまらなかった。

演じるは役を愛した時間

山村千鳥が千代のところに来る。

「あなた私の顔に泥を塗るつもり?あんな芝居してるなら、二度と私を師匠と呼ばないで。破門よ。」

千代は助けを求める。

「どないしたら千之助さんに勝てますやろ。」

千之助に笑いで勝つなんて100万年早い。

「演じるということは、役を愛した時間そのもの。基本中の基本、そんなことも分からないなんて。あんたたち役者失格。」

千代は考えても分からなかった。頭を冷やそうとする。そこで玉に会う。

「千代ちゃんは、どんな役やってるの?」

千代は自分の役をうまく説明できなかった。自分の役を知ること、そこから始める。手違い話の役、1つ1つ洗い出す。

千代は、千鳥に感謝した。女中おきんを演じる千秋楽を迎えた。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」49話感想

コメント