【おちょやん】98話ネタバレと感想!一平の子どもが千代が出した結論

朝ドラ「おっちょやん」

千代は一平を家から追い出してしまう。

第98話、灯子に子どもができた。千代は一平を追い出す。

「おちょやん」98話視聴率

第20週「何でうちやあらへんの?」第98話が、4月21日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」98話あらすじ

簡単に別れてはいけない

一平は岡富に来ていた。

「堪忍してくれ、今日はもうシンドイ。」

千代は稽古を休んでしまう。香里は千代のお見舞いに行く。

「千代、バナナ買うてきたで。何や、風邪とちゃうみたいやな。」

灯子に子どもでもできたのか?千代は答えなかった。

「簡単に別れるようなことは許さへんで。ここが正念場や、しっかりしい。」

香里は一平のことが好きだった。2人のことをずっと応援していた。

「美味しそうなバナナやな。」

千代は香里にお願いごとをした。

千代が出した結論

一平は灯子の家に向かう。

「私が一人で育てます。せやさかい、生まして下さい。」

愛情はいらない、生きるためにお金を望んだ。

「千代さんから一平さんを奪うことだけはしとうない。そないなことなるくらいやったら、この子と死にます。」

香里は二人の話を聞いていた。

「ほうか、灯子がそないなことを。」

一平は岡富で酒を飲んでいた。しずと福助に金を借りようとする。

「子ども?子どもができたって?」

寛治が手紙を持って来た。封筒には離婚届が入っていた。

「旦那がな、さんざん面倒見て来た女と密通して。しかも子どもまで作ったやなんて。ちょっと考えただけでもお腹煮えくりたつわ。」

もう一度だけ話がしたい。みつえは一平からの伝言を伝えた。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」98話感想

コメント