【おちょやん】78話ネタバレと感想!信じた道を貫けソ連に亡命を

朝ドラ「おっちょやん」

雪が降る夜、千代の家には小暮と高城が来ていた。

第78話、自分たちの芝居をするため北に逃げる。

「おちょやん」78話視聴率

第16週「お母ちゃんて呼んでみ」第78話が、3月24日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」78話あらすじ

警察の監視

「僕がこうしていられるのは、千代ちゃんのお陰だよ。」

小暮は酒が飲めるようになっていた。小暮は病院の後を継ぐが、芝居への思いを諦めきれずに戻ってしまう。あの頃を思い出して酒がすすんだ。

「こんなに楽しいと決心が揺らいでしまいそうだ。」

一平は誰かにつけられていた。

「あなたたちを探しいるそうです。監視されはれてるんですか?」

小暮と高城の芝居が目をつけられていた。力に屈服することだけはできない。

「北へ向かうの。」

二人はソ連に亡命しようとしていた。通報した方がいい、寛治は千代を心配した。そんなことをするはずはない。千代は信じたい気持ちが強かった。

「僕は親不孝だ。」

小暮は父親に手紙を書いていた。

「そないに思いはるやったら、も一辺考え直したらどないです?」

信じる道を貫け

小暮は病院の息子として何不自由ない生活を送った。ある日、患者が追い出されるところを見てしまった。

「一生懸命働いて来たのに、追い出されるんだ。」

何もかもがイヤになった。そんな時に映画に出会った。芝居の力で平等に報われる、そういう世の中に変えたい。小暮の夢だった。

高城は台本を見せる。黒い線ばかりが引かれていた。

「もう、私たちのやりたい芝居はできないの。」

千代は『家庭劇』に高城を誘う。頑張れ集配婆さんは、客に媚びる芝居で最低と罵った。

「あなたが女優として望むモノは、そんなちっぽけなモノだったの?私は違う。だからソ連に行くの。」

「ウチは喜劇役者だす。せやからお客さんに喜んでもらえたら、それでええんだす。」

お互いが進む道は違う。女優同士が分かり合う必要はない。信じる道を貫いたらいい。

警察が来てしまう。一平は2階にかくまうことにした。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」78話感想

コメント