【おちょやん】94話ネタバレと感想!生きて帰れヨシヲの最後の言葉

朝ドラ「おっちょやん」

戦地から寛治が戻ってきた。千代がヨシヲに渡したビー玉を持っていた。

第94話、寛治は満州でヨシヲと出会っていた

「おちょやん」94話視聴率

第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」第94話が、4月15日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」94話あらすじ

寛治とヨシヲの出会い

満州・新京では、日本人のたまり場があった。寛治は博打に負けてしまう。

「僕が博打に負けたところを助けてくれた。」

寛治はヨシヲと出会う。家庭劇のこと、千代のことを知っていた。

「僕、千代さんと一緒に住んでいました。」

千代と一平の反対を押し切って満州に来ていた。仕送りは博打と女に消えた。

「そないなこと気にしませんって、あの女優さんは。」

ヨシヲは千代の話を嬉しそうに聞いた。戦争が終わる前日、ヨシヲに起こされる。

「日本は負ける。お前はすぐに行け、絶対に日本に帰るんだ。」

ヨシヲはお守りを寛治に託した。生きて帰れ、ねーやんが待っている。それが最後の言葉になった。

ヨシヲとの約束

「そのガラス玉、千代さんに渡さなあかんって。」

寛治は必死の思いで逃げて来た。ヨシヲは逃げ遅れた人を助けて、撃たれた亡くなってしまう。

「遅うなって、すんません。」

「おおきに、ヨシヲとの約束守ってくれて。」

いつか必ずまた会える。千代は、その日を信じていた。

「明日も晴れやな。ヨシヲ。」

寛治は、『鶴亀新喜劇』に入ることになった。

「お二人ともようお戻りになりはりました。」

とびっきりの喜劇を見せる。千代はヨシヲと約束していた。

「あんさん達とええ芝居作りたい。ウチらはそのために生きて、ここにいてんやおまへんの。」

一平は台本を書き直していた。新しい台本には若い役者を増やした。万太郎のためにも一つになることが大切だった。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」94話感想

コメント