【おちょやん】86話ネタバレと感想!福富の暖簾と大切な人を失った悲しみ

朝ドラ「おっちょやん」

昭和19年3月13日深夜、大阪で大空襲が起こった。千代は、しずを心配した。

第86話、大切な人を失った悲しみ

「おちょやん」86話視聴率

第18週「うちの原点だす」第86話が、4月5日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」86話あらすじ

福富の暖簾

千代と一平は道頓堀に向かった。福富は跡形もなく焼けていた。岡安に行くが、しずはいなかった。

「ああ、町はずれに出てた遺体の安置所や。」

安置所には、しずが遺体を見つめていた。

「菊さんと福松さんや。菊さん何べんもウチきて、疎開するようしず説得してくれてな。」

しずが決心して道頓堀を離れた途端に空襲になった。菊がいなかったら、しずの命はなかった。

「この暖簾のせいやねん。こないなモノのせいで…。」

菊と福松は、疎開していた。『福富』の暖簾が見当たらない。菊にとっての大切な暖簾を取りに戻った。その時に空襲に巻き込まれる。

「あの暖簾だけは大事にしてたんや。」

寛治が満州に

福松は菊を守るようにして亡くなっていた。

「死んだらしまいや。そない言うたんは、姉さんだすで。偉そうに言うてたくせに、何だすねこのざまは?何とか言い、アホ。」

しずは、福富の暖簾を守ると決めた。道頓堀には、福富と岡安の芝居茶屋があった。何があっても忘れさせない。

「守ってあげられへんかった。堪忍な、福助。堪忍…。」

みつえは大切な人を失ってしまう。数日後、みつえと一福は千代の家に住むことになった。みんなで食事をしていると岡安のころを思い出した。

「まさかウチがあんたらの家に居候するてな、夢にも思わへんかったわ。」

寛治は満州の慰問団に行くと言い出す。一平も千代も反対した。

「慰問団入ったら、芝居で兵隊さんのこと励ますことができる。」

日本は空襲で次々と狙われていた。しかし、新聞には戦況がいいように書かれていた。

「この戦争、たぶん日本は負ける。そないなことになったら、満州かてどないなことになるか分からへん。せやさかい行ったらあかん。」

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」86話感想

コメント