【おちょやん】96話ネタバレと感想!灯子が劇団を辞める驚きの理由

朝ドラ「おっちょやん」

『鶴亀新喜劇』の旗揚げから1年後、一平は本が書けなくなっていた。

第96話、灯子が劇団を辞める、その驚きの理由

「おちょやん」96話視聴率

第20週「何でうちやあらへんの?」第96話が、4月19日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」96話あらすじ

灯子が劇団を辞める理由

1周年記念興行は、『お家はんと直どん』を演じる。初公演の作品は人気があった。来週から稽古を始めることになった。

「あの、私の役はどなたか他の人でお願いします。」

朝比奈灯子は、劇団を辞めると言い出す。

「ちょっと待って、何で?」

灯子は千代たちの芝居を見て目指していた。突然のことに千代は驚いた。

「勝手なこと言って、えらいすいません。」

一平が説得しようとする。千代は熊田に報告した。

「それはあれや、自分が必要とされてるか不安になってしもうたんやないか。」

宗助の言葉には重みがあった。熊田は大山の体調が悪く、社長の代わりを務めていた。

一平の浮気

「私かて立場は一緒です。忘れよう思うたけど無理やった。」

千代の前で芝居を続けるのは無理だった。千代は花かごを持って灯子の家に向かう。

「一平のせいだすやろ?あのアホ、無神経ださかいな。」

芝居を始めた頃、何をやってもうまく行かなかった。何度も辞めようと思った。

「そないなときにこれが届いてん。」

千代は花かごを見せる。たった一人でも自分を見てくれる人がいる。それが心の支えになった。

「もうええ加減にして下さい。あんたの顔など見たないねん。」

寛治がケガをして帰って来る。千兵衛と揉めて殴り合いになった。

「あいつがええ加減なこと言うさかい。」

一平が灯子の家から出て来た。2人はできている。灯子が辞めるのは一平と何かあるからだ。

「堪忍。」

一平は千代に頭を下げた。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」96話感想

コメント