【おちょやん】57話ネタバレと感想!新しい喜劇のためのため接吻

朝ドラ「おっちょやん」

一平は舞台の上で、千代に口づけをした。舞台は中止になってしまう。

第57話、千代はヨシヲと再会をする。

「おちょやん」57話視聴率

第12週「たった一人の弟なんや」第57話が、2月23日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」57話あらすじ

新しい喜劇のためや

千代は初めてのことに動揺していた。亀は酒を持って来た。

「これに毒入れておくれやす。ウチそれ飲んで死にます。」

日本酒を飲んで忘れてしまえ、熱いから口びるヤケドしないように。

「口びる?ウチの口びる。」

一平は警察に呼ばれる。

「間違いなんかじゃあらへん。あんたらかて好きな人と口づけぐらいするやろ。俺はそないなホンマのことお芝居にしたいんや。」

人に生きざまを演じたい。何とか頭を下げて公演を続けることができた。

「罪なやっちゃなー、千代ちゃんの初めての接吻さらし者にして。」

千代は自分の気持ちが分からなくなっていた。新しい喜劇のためならと納得しようとした。

「ようも姉やん傷物にしてくれたな。」

一平は、突然現れたヨシヲに殴られてしまう。

ヨシヲと再会

「ヨシヲ?ホンマにヨシヲ?こないに大きくなって。会いたかったー。」

ヨシヲは神戸で働いていた。立派になったヨシヲを見て千代は嬉しかった。

「よかったなー、あないなええ人に育ててもらって。」

タケヲの借金のため大変だった。ヨシヲも売られそうになってしまう。

「ほいで家を飛び出したんだ。始めは泥水すうような毎日でな。」

今は幸せな生活を送っている。一平はヨシヲに殴られた時、胸に入れ墨を見ていた。

「ねーやんは誰よりもあんたに見て欲しかったさかい。」

大山のところに脅迫電話がかかってくる。

「今度は、えびす座燃やしたる。」

『鶴亀家庭劇』の公演は中止になってしまう。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」57話感想

コメント