【おちょやん】42話ネタバレと感想!喜んでもらえる喜劇を座長一平のできること

朝ドラ「おっちょやん」

千代が入る一座は、一平が座長をすることになっていた。それを知った役者たちは辞めてしまう。

第42話、一平の考えた本に動いた役者がいた。

「おちょやん」42話視聴率

第9週「絶対笑かしたる」第42話が、2月2日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」42話あらすじ

千之助を連れて来る

千之助がいない一座では客は呼べない。役者たちは帰ってしまう。

「俺が座長の一座なんて入るワケない。」

千代が千之助を説得することになった。千之助は花札をやっていた。

「あの青二才が座長の劇団なんか、入るつもりはない。」

あの頃の一平とは違うかも知れない。人はそんなに簡単に変われない。千代の説得を聞かなかった。何か面白いことをしてみろ。

「喜劇役者ってのはな、笑かしてなんぼや。ここでワシ笑かしたら、その劇団入ったる。」

「有名女優とかけまして、ご利益のある神社とときます。その心は、どちらも縁起がええ。」

千之助は呆れていた。千代は何とか笑わそうと練習をする。

「せやから言うたやろ、あの男は一筋縄ではいかんって。」

これからは喜劇や

一平は天晴のところに行く。手品をしながらおもちゃを売っていた。

「兄さん、戻ってきてもらえませんか?」

一平は自分の本も渡した。

「須賀廼家千之助がいてへんかても、ちゃんとお客さんに喜んでもらえる喜劇を作るために。お願いします。」

みつえは花嫁修業をしていた。芝居茶屋を使う人は少なくなった。後を継ぐことはない。

「劇団を1つにまとめるのが座長の仕事やろ。」

大山は、万太郎の対抗できる相手を作るために一座を立ち上げた。お互いを競わせて、道頓堀を発展させる。

「これからの時代はな、庶民のための芝居や。喜劇こそが道頓堀の隆盛のためにかかせんようになる。」

一座の成功がなければ役者として舞台に立てなくなる。そこへ、天晴がやってくる。雨のため商いを中止していた。

「こんなん喜劇か思うたわ、でもな何やお前のお母ちゃんのこと思い出してな。思うてしまったのや、この芝居やりたいって。」

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」42話感想

コメント