【おちょやん】103話ネタバレと感想!夫婦にならへんか当郎と千代が再会

朝ドラ「おっちょやん」

1年前、千代は栗子と再会した。姪っ子の面倒を見て欲しい。千代は京都に向かった。

第103話、当郎が千代と再会する

「おちょやん」103話視聴率

第21週「竹井千代と申します」第103話が、4月28日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」103話あらすじ

栗子の境遇

子どもの頃、千代は大阪に奉公に出ることになった。テルヲは酒と博打にのめり込み、借金取りが家に来るようになった。

「このままやったら生まれた子どももどないなるか分からへん。そない思うたとき、あては家を飛び出してた。」

男に頼らずに生きて来た。お金になることだったら何でもして来た。娘の名はさくら、一緒にいるだけで幸せだった。

「そないな気持ちになったらなるほど、あんたのこと思い出してしまうのや。」

千代には戻る場所がなかった。行く場所が決まるまでいい、ここにいてくれへんか?栗子は望んだ。

「あのな、宿題教えてもらわれへん?」

栗子は学校に行っていなかった。千代と同じ境遇で生きて来たのかも知れない。千代は宿題を見ることにする。

夫婦にならへんか

千代が家に戻ると当郎が来ていた。

「千代おばちゃん、花車さんと知り合いやった?すごいなー。」

道頓堀で人気の女優だった。当郎は千代の昔話をする。

「竹井千代さん、どうかこの僕と夫婦になって下さい。」

大阪のラジオドラマに一緒に出て欲しい。春子は目を輝かせた。

「自分で決めただけだすけど。」

千代の引退は誰も知らない。

「ウチはもう二度とお芝居はせえへんて決めたんだす。」

誰でも舞台で辛い思いをしたことはある。当郎はトイレに間に合わなかった話をする。千代の辛さとは、だいぶ違った。

「竹井千代さんに女優に復帰してもらいたい人、はーい。」

当郎は多数決で決めようとした。いっそ本当の夫婦になってしまうか?口の減らない男はごめんだ。夫婦漫才のようだった。

悩んでいることがあほらしくなる。千代は当郎の言葉に心地よさを感じていた。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」103話感想

コメント