【おちょやん】82話ネタバレと感想!涙を誘うトランペットの悲しい音色

朝ドラ「おっちょやん」

しずは菊に会いに行く。岡安は店を閉めることになった。しずの苦渋の決断だった。

第82話、福助が出征は家族の悲しみを誘う

「おちょやん」82話視聴率

第17週「うちの守りたかった家庭劇」第82話が、3月30日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」82話あらすじ

岡安を失う悲しみ

千代はしずの手伝いをするため岡安に来ていた。座布団を干す。

「お国に供出しよう思うてな。防空頭巾とか兵隊さんの防寒服の綿にもなるやろしな。」

いつかはこんな日が来ると思っていた。

「わてはどこにも行かへん。この道頓堀がわての居場所だす。」

しずは千代に感謝していた。

「千代、この岡安に来てくれておおきにな。」

千代は座布団に顔をうずめて泣いてしまう。

「僕はお父ちゃん誇りに思います。僕ももうすぐ14歳や、そしたら少年兵として志願しようと思います。」

一服の言葉に福助は反対した。もっと偉い将校になって国のために働け、偉い将校はひげを生やしている。ひげが生えるまではなれない。

「それまでお母ちゃん、お祖父ちゃんお祖母ちゃん守ってやるんやで。」

トランペットの悲しい音色

千代はみつえに会いに行く。店には軍歌が流れて、芋団子が出された。

「強がってるだけや、強がるしかあらへんのや。」

福助はトランペットを触っていた。吹かせてあげたい、みつえは悲しそうに笑った。

岡安では、福助のための食事会が行われる。久しぶりに豪華な食事を前にした。

「ここやったらちょっとくらい大きな音だしても聞こえへん。思いっきり好きな曲拭いたらええ。」

みつえはトランペットを渡した。その音を聞きつけて警察が来てしまう。舞台では、寛治・ルリ子・香里が練習をしていた。

紛らわしいといって帰ってしまう。しずや菊が駆けつける。福助は久しぶりにトランペットを吹いた。

明るい音色が涙を誘った。菊と福松は泣いてしまう。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」82話感想

コメント