【おちょやん】58話ネタバレと感想!鶴亀を潰せヨシヲが近づいた理由

朝ドラ「おっちょやん」

『鶴亀家庭劇』の公演が中止になる。大山あてに脅迫状が届いていた。

第58話、ヨシヲの不自然な行動。

「おちょやん」58話視聴率

第12週「たった一人の弟なんや」第58話が、2月24日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」58話あらすじ

鶴亀家庭劇が狙われた

「お前ら口づけしたみたいやな。」

福助はおもしろがっていた。『鶴亀家庭劇』に脅迫状が届いたのは誰のせいなのか?

「石田香織が男と揉めたと睨んでる。」

「東京でるり子さん追い出した若い女とか。」

みつえと椿もおもしろがっていた。ヨシヲが『福富』に来る。千代は嬉しそうに笑った。一平はヨシヲと避けるように出て行ってしまう。

えびす座が使えないままだったらどうなるのか?ヨシヲは心配していた。

「だんない、きっと犯人すぐ捕まるやろ。」

ヨシヲは神社にお参りに行く。

「俺の家族は神戸の親父と兄貴たちだけやから。」

ヨシヲは鶴亀を潰すためのネタを掴もうとしていた。芝居小屋を燃やすのは最後の手段、興行の権利を奪おうとしていた。

ヨシヲの裏切り

ヨシヲが鶴亀を潰そうとしている。一平は千代に話した。

「よう考えてみぃ、脅迫があったのはヨシヲが来た夜や。何で家庭劇が狙われたんや。」

千代は信用しなかった。そこにヨシヲが戻って来る。

「俺が何かやった証拠でもあるんですか?警察いったかて恥かくのあんたやで。」

一平はヨシヲに水をかける。胸には入れ墨が彫られていた。

「どう見ても堅気の人間には見えへん。」

「何やのんそれ、お母ちゃんからもらった大事な体、何でそないなことでけんの?命がけで生んでくれた、お母ちゃんに申し訳ないと思わへんの?」

タケヲは仕事のために千代に近づいた。会いたいと思ったこともない。今の仲間以外は誰も助けてはくれなかった。

「人のことなんてどないでもええねん。」

ヨシヲと警察に売れば火をつける。大山に話をする。千代は一平を止めた。

「ムダでもやらなあかんねん。ヨシヲはウチのたった一人の弟やねん。」

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」58話感想

コメント