【おちょやん】47話ネタバレと感想!千之助の変わらない芝居と一平の想い

朝ドラ「おっちょやん」

『鶴亀家庭劇』が初日を迎えた。手違い話はメインの作品だった。

第47話、手違い話は千之助の力で変化した。

「おちょやん」47話視聴率

第10週「役者やめたらあかん」第47話が、2月9日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」47話あらすじ

千之助の手違い話

「ホンマに問題なんは千さんや。」

千代は一平の言葉を思い出していた。客席には大山が来ていた。失敗は許されない、一平も千代も道頓堀で芝居ができなくなる。

「旦さん、どこに行きはるんですか?」

しずが心配するが宗助は出かけてしまった。手違い話が始まった。

「ごりょうさんが手の動きを見て、旦さんが浮気してるの気-ついてしもうた。」

千之助は客席の様子を見ていた。そこへ、ごりょうが来る。

「ウチの人どこどす。どこにいてます。」

千代が戸を開けても出てこない。ごりょうは一平の手を引っ張る。ここで千之助が出て来るはずだった。

「あれれれれれれれ…。」

千之助は井戸から飛び出して来た。嘉平に助けられたヘビになって登場した。

千代に届いた小さな花

「このままでは嘉平どのが可哀想なので、嘉平どのの体を借りて出てきました。」

嘉平の浮気を誤魔化す。客席は大爆笑だった。一度下がってから、ウサギになって登場する。

「旦さん、もう誤魔化すのは無理だす。」

元の芝居に戻し続ける。客席は受けていたが、役者たちは怒ってしまう。

「何なの今日のは?」

「喜劇はな、お客さんを笑かしてなんぼや。」

高峰は段取りを無視した千之助を責める。これ以上できない、千代が止めに入る。

「そうやって、あっちにもこっちにも誰かれいい顔をする。あなたが一番嫌いだっていったでしょ。」

一平は千ノ助を入れるのを反対だった。たしかに千之助は無茶苦茶だ。でも、お客さんは喜んでいた。

「相手に笑ろうて欲しかったら、まずは自分が笑わな。」

千代あてに小さな花が届いた。ちゃんと見てくれている人はいる。千代にとって大きな自信になった。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」47話感想

コメント