【おちょやん】91話ネタバレと感想!もう一度、道頓堀で芝居がしたい

朝ドラ「おっちょやん」

終戦から3年がたち、千代たちは地方で公演を続けていた。時には屋根のない場所で公演することもあった。

第91話、家庭劇は大山に呼ばれる新喜劇の話になった

「おちょやん」91話視聴率

第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」第91話が、4月12日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」91話あらすじ

その名は、鶴亀新喜劇や

一平は、芝居道具と金を盗まれてしまう。

「前にもやりましたやろ、タヌキの嫁入りだす。」

千代は千之助の顔をタヌキのようにした。道具がないため仕方なかった。

「こないにウケへんことあるか?最後やろぽんぽこって、それぐらいやりーや。」

それなりに楽しい土さ回りだった。そこに熊田がやって来る。

「みんなだたちに道頓堀に戻ってこい。大山社長のお言葉や。」

大山は道頓堀に大きな劇場を作っていた。

「さすが大山さんや。」

『新えびす座』は立て直したばかりだった。

「その名は、鶴亀新喜劇や。我々はこの新しい劇団にあんたらを迎えようと思っている。」

道頓堀で芝居がしたい!

岡安は、うどん店になっていた。

「旦さん、油うっとらんとうどん打っとくんなはれ。」

『岡福』は、岡安と福富の一文字ずつとって名付けられた。昆布のいいダシが効いている。千代は来るたびに美味しくなっていると感じていた。

「どこよりも大勢のお客を呼んで、道頓堀いち…いや日本一の劇団にしてもらわな、やる意味がない。」

あの時の道頓堀に戻し、次の時代に繋ぐ。一平の夢も大山と同じだった。

「ここでまた芝居ができるんやったら、鶴亀に利用されようが大山社長に腹立とうがかましまへん。」

みつえは親子丼を作った。安くて美味しくてお腹いっぱいになる試作を繰り返していた。その頃、千之助は万太郎一座に向かっていた。

「ワシはもう声が出ない?」

万太郎は喉のがんで声を失っていた。芝居を続けるのは無理だった。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」91話感想

コメント