【おちょやん】70話ネタバレと感想!今できることを精一杯に丘の一本杉

朝ドラ「おっちょやん」

一平と千之助が書き上げた『丘の上の一本杉』が公演されることになった。

第70話、親子の愛を描いた作品に感動の渦

「おちょやん」70話視聴率

第14週「兄弟喧嘩」第70話が、3月12日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」70話あらすじ

丘の一本杉

鍛冶屋職人の親子は、腕がいいがケンカばかりしていた。ある日、息子が家出をしてしまう。

丘の一本杉の前で地元の人に会う。息子がいなくなってしまう。寿命が縮まる想いがする。

「親ってそないなものですか?」

杉の木は何の役にも立たないように見える。でも、この辺り一帯に根をはってビクともしない。

「目に見えんとこで、年寄りには年寄りのよさがあるもんです。」

父親は息子を探していた。千之助は客席にいる万太郎を見つけてしまう。

「今となっては、もうやり直すことはできへんのやな。せめて体だけは丈夫でな。立派な職人になって帰って来るんやで。」

杉の木の前で泣いてしまう。木の裏に隠れている息子を発見する。2人は素直な気持ちをぶつけた。

兄弟喧嘩

『丘の一本杉』は大好評だった。

「あいつら利用して万太郎一座を盛り上げようなんて、失礼なことやった。ええ兄弟喧嘩を見せてもらった。」

大山は嬉しそうに笑った。家庭劇は、たった15人の差で万太郎に負けてしまう。

「けったいやわ、ウチあんまり悔しいないねん。」

今できることを精一杯やった。悔しいという気持ちはなかった。

「それでも負けは負けや。」

「言うとけ、次はウチらが勝つって。」

万太郎は千之助を呼び出す。千之助はチャップリンの姿で現れた。

「この道頓堀で決着つけなあかん連中がおるよってな。たった15人、こんなもんなただの運や。」

万太郎は嬉しそうにしていた。

「いつも誰かが見ていてくれるいうんは、嬉しいのと身が引き締まる思いがする。」

いつも誰かが花を贈ってくれる。千代は感謝をしていた。万太郎は千之助を切り捨てることで成長を見守ったのではないか?千代はそう感じた。

「ほな、また20年後にな。」

千之助は万太郎の帽子に卵を仕掛けた。大笑いした千之助だが、万太郎も千之助の帽子に卵を仕掛けていた。幼い兄弟喧嘩だった。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」70話感想

コメント