【おちょやん】61話ネタバレと感想!一緒にならへんか一平の告白

朝ドラ「おっちょやん」

千代はヨシヲは引き止めることは出来なかった。一人やあらへん、一平は千代を抱きしめた。

第61話、一平は千代に自分の想いを告白する

「おちょやん」61話視聴率

第13週「一人やあらへん」第61話が、3月1日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」61話あらすじ

一緒にならへんか?

「千代俺と一緒にならへんか?」

「あんた何言うてんの?」

物音に気がついたハナが出て来る。千代はヨシヲに宝物のビー玉を渡した。もっと早く出会えたら、悲しみが込み上げた。

「明日もきっと晴れや。」

翌日、千代は劇団のみんなに頭を下げた。

「今回の騒ぎは、全部ウチの弟がやらかしたことだす。これからや言う時にみなさんの足引っ張るようなこと、申し訳あらしまへん。」

千代が責任を感じることではなかった。みんな優しく受け止めてくれた。

「おおきに、ホンマおおきに。」

舞台の上では、千代は一平を意識してしまう。舞台の袖では千之助がイラついていた。

一平の引っ越し

昭和4年(1929)3月、一平は『岡安』を出て行くことに決めた。

「明日のも引っ越します。ホンマに長い間、お世話になりました。」

お茶子の間では、いい人ができたのでは?ウワサになっていた。

「誰かボンとこ行って、食事の世話して。千代、あんた行き。」

千代が一平のところに行くと香里が来ていた。

「一平さんの食事の世話やったらウチがやるさかい。」

千代が帰ろうとすると一平が止めた。

「だいたいな俺が岡安でたんは、気ー散って本書けへんからや。お前がおるから…。」

そこへ劇団の仲間たちが来る。みんなで引っ越し祝いをすることになった。熊田は大山を連れて来る。

「機は熟した、一平おやじさんの名をつげ。二代目天海天海の襲名や。」

一平は、その話を断った。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」61話感想

コメント