【おちょやん】1話ネタバレと感想!飲んだくれの父親が持って来たモノ

朝ドラ「おっちょやん」

*当サイトはアフィエイト広告を利用しています

NHK連続テレビ小説「おちょやん」が放送スタートしました。主人公の竹井千代を杉咲花さんが演じます。

第1話、ニワトリを売りに行った父親はどえらいモノを持って来た。

スポンサーリンク

「おちょやん」1話視聴率

第1週「うちは、かわいそやない」第1話が、11月30日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」1話あらすじ

生きるのってしんどい

大正5年、大阪の南河内で千代は生まれた。

「恨むなや、ウチらも生きていかなあかんさけな。今までようけエサやったやろ。今度はわれがウチらを食べさせる番や。」

千代の父親・タケヲは、酒を飲んでいた。千代は卵も産めなくなったニワトリを捕まえた。

「町で売ってきて。」

タケヲは、観賞用のニワトリを大事にしていた。そのために大金をはたいていた。

「ウチは、お母ちゃんと約束したんや。ヨシヲを守るって。この家を守るって。親やったら親らしいことさらせ。」

千代はタケヲを蹴り飛ばした。

「ほんま、生きるってしんどいなー。」

新しい母親

千代は5歳のときに母親を亡くしていた。タケヲは、小さな養鶏場を営んでいた。テルヲは10日たっても戻って来なかった。

隣の小林さんの家に行く。食事をご馳走になる。

「みんな言うとる、貧乏やからシラミやて。」

千代は母親の分まで家の仕事をしなければならない。学校にも行けないでいた。

「ウチは、かわいそやない。」

千代は怒って帰ってしまう。ヨシヲは母親を恋しがった。千代は母親からもらったビー玉を大切にしていた。

「ウチは、かわいそやない。明日もきっと晴れやな。」

翌日、テルヲが戻ってきた。

「あほんだら、ワレどこまでニワトリ売りに行っとったんやボケ。」

テルヲは、新しい母親を連れてきた。

「この人が今日から、お前のお母ちゃんや。」

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」1話感想

シェアする
きららをフォローする
ドラマ情報ネット

コメント

タイトルとURLをコピーしました