【おちょやん】90話ネタバレと感想!前を向いて歩きだす家庭劇の芝居

朝ドラ「おっちょやん」

千代は、みつえのためにも芝居をしようとしていた。みつえと福助が一緒になったときの芝居を見せることに決めた。

第90話、間違えたまま立ち止まってはいけない

「おちょやん」90話視聴率

第18週「うちの原点だす」第90話が、4月9日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」90話あらすじ

前を向くための芝居

「福助や百久利は許してくれるやろか?」

一平は芝居のこと以外ではどうしようもない人間だ。一平は、戦争を応援する芝居を続けた。命を落とした2人を思うと自分を責めるしかなかった。

「間違えたまま立ち止まったらあかんのです。」

どんなにしんどくても前に進む、それこそが喜劇だった。千代は天を仰いだ。

「生まれ変わった天海天海のお芝居が始まりまっせ。」

家庭劇は無料で芝居を見せることにした。

「行きまっせ支度しい。」

しずはみつえを芝居に連れて行こうとする。

「あんたが千代たちを救いますのや。」

みつえは重い腰をあげた。『マットン婆さん』は、福助とみつえの思い出の芝居だった。

「実の子であるウチらにお金がないいうのは、おかしいやろ。」

何のための喜劇や

マットンは、子どもたちのために金を貯めていた。無理を言われると嬉しかった。本当の親の代わりに無理をきくのが生きがいだった。

「おおきに、お母ちゃん。」

舞台の上に一福が登場する。マットンの息子の役だった。

「この子はね、音楽の勉強をするために東京の学校に行かせてたんです。」

一福はトランペットをふく。ほんの少しだけ音が出でしまう。

「無茶苦茶やんか。」

みつえが声を出して笑った。

「やっと笑ってくれた。」

千代は舞台からおりて、みつえを抱きしめた。みつえを笑わせたのは、福助と一福の愛情だった。

「今やらな、何のための喜劇や。」

もう一度、道頓堀に芝居の火を灯す。大山は芝居小屋を探すことに決めた。『家庭劇』は地方を回ることになった。

みつえは、すいとんの店を出して売っていた。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」90話感想

コメント