【おちょやん】92話ネタバレと感想!40年ぶり須賀廼家兄弟の復活

朝ドラ「おっちょやん」

万太郎は病気で声を失っていた。もう芝居をすることはできない。

第92話、千之助は万太郎と40年ぶりの舞台へ。

「おちょやん」92話視聴率

第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」第92話が、4月13日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」92話あらすじ

一平の覚悟

万太郎一座には、万太郎に代われる役者はいない。戦地から戻ったのも、たった2人だった。

「仙太郎さん、もしこれが万太郎さん最後の芝居やったら、悔い残してしまうのと違いますか?」

ワシには関係ない、千之助は下を向いたまま答えた。寛治の消息は分からない。一平と千代は旅回りの時、家に張り紙をしていた。

家に帰ったら岡安に行くように。でも、寛治は来た気配はない。一平は張り紙をはがした。

「やるわ、新しい劇団。ホンマのこというとな、自信あらへんのや。」

こんな時代にどんな芝居をすればいいのか分からない。寛治が戻った時に芝居ができる場所を作ってあげたい。その想いだけで決めた。

「あいつが道頓堀で生きて行く場所を作ってやりたい。」

万太郎が最後の舞台

千之助は万太郎に会うことにした。

「ワシが助けたる。」

千之助は万太郎と40年ぶりに舞台に立つ。喜劇役者として笑わせた数、男として女を泣かせた数で万太郎は行き先が決まった。客席から笑い声が聞こえる。

「あそこにいるお爺さんは、お前の隠し子。そないなことあるかい。俺より年上やろ。」

須賀廼家兄弟の復活は、懐かしい気持ちにさせた。

「須賀廼家万太郎、旅立ちじゃ。」

紙吹雪の中、万太郎は消えるはずだった。立ち止まった万太郎は涙をためていた。

「これからもみんな笑わせて。兄さんは、そうやってずっと生きて行くんや。」

喜劇王としての最後の舞台だった。万太郎は舞台袖で息を引き取った。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」92話感想

コメント