【江戸モアゼル】最終話ネタバレと感想!咲き誇る花魁の最後の道

江戸モアゼル

仙夏は江戸に帰る覚悟を決めた。タイムスリップまで、あと3日しかなかった。

最終話、別れ… 花魁の恋は結実? 

見逃した方はこちらか⇨「Hulu

「江戸モアゼル」最終話視聴率

「江戸モアゼル」最終話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「江戸モアゼル」最終話あらすじ

スカイツリーに願いを込めて

花魁として華麗に散る。仙夏は令和の時代に爪痕を残そうとしていた。鳥居は会社を辞めてしまう。泉美は鳥居を傷つけたことを気にしていた。

「いらないモノを捨てちまうか。」

カリスマ社長の立場を捨てても、泉美の企画書を捨てることはできなかった。

忘れられることは辛い。でも、本当に大切なことは心に残ると信じようとした。

「まるで極楽浄土に来ちまった気分になるね。」

タイムスリップ当日、スカイツリーでは願い事を書いた。

「歴史に名を残す人になってね。」

寿乃は長兵衛と約束した。蔵地は仙夏と出会ってからを思い出す。空に、満月と彗星が浮かび上がる。仙夏と長兵衛は時空を超えた。

素直な想いを伝えるために

日めくりカレンダーには、仙夏からのメッセージがあった。江戸では仙夏と長兵衛が一緒に暮らしていた。

「私は蔵地の旦那の思い出をまだ書きたいんだ。」

夜空には、ほうき星が見える。もう一度、令和に行けるかも知れない。仙夏は令和4年に着いてしまう。ところが仙夏を覚えている人はいなかった。

寿乃は出版社で働いていた。面白い本を紹介される。仙夏が書いたタイムスリップの本だった。蔵地の旦那・カフェ・スカイツリー蔵地は過去を思い出した。

「仙夏、会いたかった。ただただ、会いたかった。俺の見えるところにいてくれ。」

好きでたまらないんだ。仙夏は想いを伝えようとして戻って来た。寿乃は長兵衛からのメッセージを受け取る。出版社社長は長兵衛に似ていた。

見逃し動画配信サービス「江戸モアゼル」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「江戸モアゼル」は、動画配信サービスHuluで配信されています。(未公開シーンも公開しています。)

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題になるサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「江戸モアゼル」最終話感想

コメント