【江戸モアゼル】1話ネタバレと感想!花魁・仙夏がタイムスリップ置かれた場所で咲く

江戸モアゼル

ドラマ「江戸モアゼル」は、1月7日(木)からスタート!タイムスリップした江戸の花魁を岡田結美さんが演じています。

第1話、花魁!東京に現る! 

見逃した方はこちらか⇨「Hulu

「江戸モアゼル」1話視聴率

「江戸モアゼル」第1話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「江戸モアゼル」1話あらすじ

花魁がタイムスリップ

蔵地は、バイトの帰り道に花魁の姿を見かける。居候先の叔父・雄彦の家に帰宅すると、その花魁が座っていた。

「鳴かぬならアタシが鳴こうホトトギス、吉原に百花繚乱咲き乱れる。涼八屋の仙夏でありんす。」

蔵地は追い出そうとするが仙夏は眠ってしまう。翌日、寿乃は図書館で仙夏がのっている本を見つける。

「仕方ないね、しばらくここで暮らすしかないね。」

蔵地は、泉美のことを思っている。仙夏は協力しようとする。

「あの木札、笑顔をうばう呪いでもかかってるのかい。」

会社からの電話に泉美が出る。泉美から笑顔が消えたことを仙夏は心配した。

置かれた場所で咲け!

泉美はプレゼンをしていた。社長の鳥居は、ありきたりで自己満足とした。そんなに頑張らなくてもいい、蔵地は慰めようとした。

「あの子は自分の置かれた場所で何とか咲こうとしている。そんなあの子に頑張らなくていいはどう響くんだろうね。」

吉原の女は、親の借金のために入ることが多い。25歳までは外に出られない生活をしていた。江戸に戻ることは仙夏にとって幸せなのか?

「期待って言葉で泉美を操るんじゃないよ。」

自分で自分を鼓舞するんだよ。仙夏は泉美のために踊り出す。

「あんた、直さん。直さん。」

仙夏は、社長の鳥居に抱きついた。昔好きだった人にソックリだった。

見逃し動画配信サービス「江戸モアゼル」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「江戸モアゼル」は、動画配信サービスHuluで配信されています。(未公開シーンも公開しています。)

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題になるサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「江戸モアゼル」1話感想

コメント