【江戸モアゼル】8話ネタバレと感想!カフェを守れ花魁が戦う切ない想い

江戸モアゼル

お前は蔵地が好きなんだ。仙夏は鳥居と離縁されてしまう。行き場を失った仙夏はカフェに泊った。

第8話、戦う花魁、走る厨二病男…切なき恋 

見逃した方はこちらか⇨「Hulu

「江戸モアゼル」8話視聴率

「江戸モアゼル」第8話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「江戸モアゼル」8話あらすじ

蔵地の夢

カフェ『蔵』には、蔵地の父・幸春が来る。今月末までに立ち退きを迫った。

「お前はここで何をしている?」

赤字を垂れ流す店を必要としていなかった。仙夏は売り上げを倍に上げると約束してしまう。

蔵地はイラストレーターを目指していた。泉美の手伝いをすることになった。幸春はカフェをマンションにしようとしていた。

「店のことは任せな、あんたはそっちで咲き誇りな。」

仙夏は店が大好きだった。蔵地がいろいろ教えてくれた。

「一緒に働けなくなっても想いでは残る。だから私は頑張る。」

泉美と蔵地は一緒に仕事をしていた。その姿を見て仙夏は胸が苦しくなる。

あんたがいないとダメなんだ

仙夏が倒れてしまう。連絡を受けた蔵地はプレゼンをすっぽかした。

「ごめん、俺行かないと。カフェに戻らないと。」

ここから逃げれば全てが終わる。泉美の言葉より仙夏を選んだ。蔵地は新しいイラストを描いていた。仙夏のイラストは評判がよかった。

カフェの売上を倍にすることはできなかった。蔵地は父親に頭を下げる。

「あんたがいないとダメなんだよ。あんたが隣にいてくれるから、あの店が私の居場所になるんだよ。」

幸春は蔵地に店を渡すことを決めた。泉美は蔵地を呼び出した。

「蔵地くんは誰よりも仙夏さんの前で笑ってる。私は知ってるから。」

見逃し動画配信サービス「江戸モアゼル」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「江戸モアゼル」は、動画配信サービスHuluで配信されています。(未公開シーンも公開しています。)

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題になるサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「江戸モアゼル」8話感想

コメント